■Profile

Name さみさみ
  • Name さみさみ
  • 旅行が大好きです
    Constellation 双子座
    Blood type A型


  • RSS


  • ■Link

  • ともっっちの中国茶雑記帳


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2006/07/04(火) 2005 台湾 春(茶作りの旅)

    台湾は2回目☆
    1回目は確か5年くらい前にお友達3人で
    茶舘は『回留』『竹里館』 茶荘は『和昌茶荘』
    市内観光・食事は『故宮博物館』『中正紀念堂』『土林夜市』『鼎泰豊』など
    頭をシャンプーしてもらったり(←これ 最後にブローしてもらえるんだけどなぜか私だけパーティに行くようなやたら華やかな髪型にアレンジされてあせった・・・ )、足裏マッサージやエステなど いろんなことをかなり満喫(๑→‿ฺ←๑)✿ฺ

    今回の台湾旅行は お茶の講習会のメンバーと一緒にお茶をつくるのがメイン というわけで半分は(いやいや全部?!)勉強みたいな感じかな(><)


    4月18日(到着)
    初日は 茶舘で二胡の演奏を聴きながらお茶を飲んだり
    陶器の器に絵付けなどをしながらのんびりとした1日

    4月19日・20日(2,3日目) 
    6時30分台北から→杉林渓へ
    途中ドライブインで朝食
    ちょうど中国人の団体客と一緒になってしまい トイレがめちゃ混み
    並ぶ事をしない中国人パワーに圧倒とずるこみをされ なかなかトイレに入れず・・・(><)

    バスは凍頂烏龍の産地鹿谷を通って山道を登り上へ
    そして標高1600Mの杉林渓(さんりんけい)に到着
    いよいよ高山茶作りの始まり(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

    「青心烏龍」という品種を使って杉林渓烏龍茶を作ります
    杉林渓の茶畑は深い霧におおわれていて・・・
    でも霧は(タンニン・アミノ酸が多い)よいお茶を作るには必要な条件なのです☆
    PICT0034.jpg
    杉林渓の茶畑

    日光萎凋(にっこういちょう)
    PICT0028.jpg
    130㌔の朝摘みたての茶葉

    摘みたてのお茶葉たちを大きな布一面に薄く広げて発酵(はっこう)させていきます。
    天気、気温、湿度によってちがうけどだいたい1~2時間が目安

    晴天なら屋外で行う作業ですが
    この日は霧が濃く気温も低かったので屋内で行いました
    (屋内では湿気が入らないため)
    なんと言っても摘んでからは湿気が大敵なのです☆

    最初茶摘されたばかりのお茶ははWAXがあり生き生きした状態
               ↓
    1時間待ち その後20分ごとに香りのチェック
    青臭い→花の香り→香りが弱い と香りがかわっていくらしいのですが・・・  
    クンクン まさにその通り!( ☉_☉)

    香りが弱い時にシートの端と端を持ち茶葉を真ん中のに集めたら
    また茶葉を手で優しく均等に広げて水分をとばしていきます攪拌(かくはん)です
    香りが変化している時に茶葉を動かしたりしてはダメ

    この日のお茶葉は湿気が多かったのでこの作業を2~3回くり返す
                ↓
    最終的にお茶葉につやがなくなれがOK(水分20%にする)
    3時間後水分もかなりなくなり 日光萎凋が終了


    PICT0032.jpg
    農家の人が作ってくれたお昼ごはん


    2Fの日光萎凋の作業場から室内萎凋(しつないいちょう)をするため1Fに茶葉を落とします
    バサッと手作業で
    PICT0048.jpg


    いよいよ「室内萎凋」スタート
    PICT0052.jpg
    13㌔の茶葉をザル12個に均等に分ける
    (仲良しになったりんろんさん手伝ってくれてありがとう☆)

    分けたあとは とりあえずカートに乗せて茶葉を休ませてあげます

    香りの変化を確認しつつ香りが弱くなったらざるの中の茶葉を空気をいれてあげる感じで両手で優しく攪拌(かくはん)してあげます。その後はまたカートに戻します
    2時間おきくらい様子をみて この作業攪拌(かくはん)を繰り返します
    この作業によって発酵を促します

    待ち時間があるので 途中に夜ごはんを食べに行ったり
    講義を聞いたりしていたものの
    なんとこの作業に費やした時間は14時から翌朝の4時くらい!!
    普段から不規則生活をしている私だけどなかなかしんどい(;◔ิд◔ิ)
    それに寒いよ!・・・あまりの寒さに途中講義なんて正直聞いちゃいなかった~
    でも ここはお茶の味が決まる本当に大切なところ
    花の香りタイプとか果物の香りタイプとかはここの発酵具合で
    だいたい決まるとか
    実は私花のタイプになるようにと狙っていたんだけど
    何だかうまくいかなかったかな 笑
    いやいや お茶葉を作るのって本当に大変なんだなぁ改めて実感


    次は青殺(さっしょう)です
    青殺とは発酵をとめるため熱を加える作業
    PICT0075.jpg
    大きな釜に茶葉をいれます
    釜からだすタイミングはプロの方が時間などみてくれました
    同じ量の茶葉なのに人それぞれ青殺の時間はちがい、私は9分と長め


    PICT0063.jpg

    PICT0067.jpg
    そして柔念(じゅうねん)です
    柔念することによって茶葉が丸まり味の出がよくなります


    PICT0065.jpg
    柔念したお茶葉を今度はこの機械で乾燥させます

    こうして杉林渓のお茶ができあがりです~♡
    ぱちぱち
    すっかり日も昇り 時間は朝の7時


    4月20日(4日目)
    『坪林茶業博物館』 (中国茶の品種、製茶方法、茶器、歴史などを紹介している台湾初めてのお茶の博物館)
    『縁續縁』 (台北の自然な景色を味わえる猫空(マオコン)にはたくさんの茶芸舘がありその中のひとつ)などに行ったりお茶三昧の旅は続く。。。


    PICT0001.jpg
    坪林の川沿いの道
    いろいろな急須のオブジェが並んでてカワイイ

    PICT0096.jpg
    日本にはないなぁ・・・こんな茶芸館


    4月21日
    そしてこの日でお茶作りの旅はおわり☆
    でも私は延泊したのでこのあと2日間台湾めぐりを
    2人の友達と楽しんだのでした~ヽ(→∀←。)ノ♥
    スポンサーサイト

    17:54 | トラックバック(0) | コメント(3) | 2005 台湾 春(茶作りの旅) | Page Top


    <<明日から | ホーム | 活力鍋で>>


    ■コメント


    きゃあ~~すごいすごい、ステキな旅だね!茶摘なんてしてる~しかしさみーって、ほんと年齢不詳!とても同い年とは思えない!台湾でシャンプーうちらもやったなあ。ちょんたと。私も華やかにブローされそうになって、必死にNONONO!dry onlyって言ったっけ・・・全然通じなかったけど。茶芸館ステキだなーー♡自分で作ったお茶なんて相当美味しかったのでは?
    【2006/08/14 19:44】 URL | ゆりこ #- [ 編集]

    さみちゃん おはよう♪
    ついに旅行記スタートなのね!待ってました(^▽^)
    お茶作りって本の中の知識しか持っていないけど、
    こうして実際の様子を見ると本当に大変そう!
    苦労して作られているお茶、大切に飲まなくては!と改めて思いました。
    猫空の茶館、私も行ってみたいなぁ♪すごく雰囲気がステキ(≧▽≦)

    【2006/08/15 11:47】 URL | ともっっち #- [ 編集]

    v-22ゆりちゃん
    ちょっと!ちょっと!ゆりちゃん
    年齢不詳じゃなくて若い~v-353って言ってよねーーv-397
    ところで台湾 ちょんたと行ったんだね☆
    シャンプーは気持ちよかったんだけど あの派手な髪型には本当びっくりしたよ、、、ジーパンにスニーカーなのに髪はキャバ嬢みたいな感じでさ
    前髪までななめに切りたいなんて言ってきて(言葉通じなかったからたぶんだけど)それは必死に首をふったよ~

    お茶つくりで作ったお茶は微妙な味わいで友達にもじあげられなかったv-406
    まだ1.5キロも残ってい・・・て恐ろしい

    v-22ともちゃん
    やっとこ お茶作りの旅の日記が書けたよ~v-356
    読んでくれてありがとね♡
    今は『台湾秋の旅行』を書いてるんだけど
    いつになったら完成するのやら 笑
    猫空は山の上にあってとってもオススメ
    一緒に台湾旅行いけたらいいねv-410





    【2006/08/16 00:13】 URL | さみさみ #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://happy3sami.blog48.fc2.com/tb.php/82-f2dc05da
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • お家訪問と中国茶会(04/30)
  • モネ展(04/20)
  • サクラ✿ฺ (04/05)
  • 茶道のお茶会(04/01)
  • 早く会いたいな☆(03/29)


  • ■Recent Comments

  • セックス(02/27)
  • セックス(02/22)
  • りんろん(05/08)
  • (05/05)
  • りんろん(05/04)
  • siroico(05/04)
  • すぎさく(05/03)


  • ■Recent Trackbacks

  • 東京なびげーしょん:【飛鳥山公園】について(02/22)


  • ■Category

  • 2005 台湾 春(茶作りの旅) (1)
  • 未分類 (16)
  • 中国茶 (26)
  • 二胡 (4)
  • movie (3)
  • book (4)
  • スポーツ (4)
  • interior (4)
  • sweets (10)
  • Lunch (12)
  • shop (2)
  • ラーメン (1)
  • その日のできごと (40)
  • 北海道プラザ (3)
  • art (5)


  • ■Archives

  • 2007年04月 (4)
  • 2007年03月 (4)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (3)
  • 2006年10月 (9)
  • 2006年09月 (5)
  • 2006年08月 (11)
  • 2006年07月 (16)
  • 2006年06月 (21)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。